施設・病院紹介

施設・病院紹介


施設・病院紹介

施設紹介

作業療法室

当院では入院された方々に対し、医師の指示により作業療法が行われることがあります。
作業療法とは、一人ひとりに合ったさまざまな具体的作業活動(手工芸・軽運動など)を利用して、健康でゆとりある生活を取り戻すための指導・援助を行うリハビリテーション活動です。
活動内容はなるべくご本人様の希望に沿うかたちで決めていきますし、1度登録したからといって参加を強制するものではありません。その日の体調や気分によってご自身で参加するかどうか決めていただきます。

まずは見学から、どうぞお気軽にご利用ください。
ご本人さまのほうから作業療法を希望される場合は医師にその旨をお伝えください。

作業療法室
作業療法室

PC作業
PC作業


当院の作業療法プログラム

趣味活動、映画鑑賞、レクリエーション、スポーツ、オーケストラ、絵画、軽体操、美容体操、リラックス体操、園芸、料理教室、お元気クラブ、生活福祉セミナー、社会復帰準備グループ、うた会、創作、個別、等

趣味活動で行っている活動

趣味活動で行っている活動

趣味活動で行っている活動

趣味活動で行っている活動


和紙工芸、貼り絵、パソコン、読書、編物、刺し子、その他手芸、塗り絵、書道、ジグソーパズル、プラモデル、麻雀、各種ゲーム、卓球 ほか

プログラム紹介「社会復帰準備グループ」
「社会復帰準備グループ」

「自分らしい生活やその価値、生き方って…」など、幅広い内容をメンバーと共に考え、見直していきます。目標は自分たちの取り巻く環境を上手に使い、備わっている能力を十分に発揮して地域で自分らしく健康にいきいきと生活するための準備をすることにあります。

それにあたって、このグループでは、さまざまな職種のスタッフ(医師、看護師、精神保健福祉士、心理士、作業療法士、栄養士、など)がお手伝いをさせていただいています。


心理室

心理室では、臨床心理士が患者さまやご家族の様々なご相談に応じます。
ご相談の際には、おひとりおひとりのご要望に沿って、心理的側面から援助いたします。
心理面接・心理査定の実施は、医師が総合的に判断して決めますので、まずはお気軽に主治医にご相談下さい(保険診療が適用されます)。

ご相談内容についての秘密は厳守いたします。

精神保健福祉相談室

精神保健福祉相談室では、精神保健福祉士が患者様やご家族のご相談に応じます。

相談内容
  1. 経済問題
    医療費問題 年金問題 等
  2. 療養上の問題
    病気に関する相談、服薬管理 等
  3. 日常生活問題
    時間の過ごし方の相談、金銭管理、衣食住に関する相談 等
  4. 心理情緒的援助
    お話し相手、悩み相談 等
  5. 福祉制度の情報提供
    各種制度の説明 障害者手帳 等
  6. 関係他機関との連絡調整
    保健所、病院、役所等との連携調整 等
  7. 入・退院援助
    受診相談、退院後の日常生活援助 等

上記のような事柄に関してお気軽にご相談下さい。
なお、ご相談内容についての秘密は厳守いたします。

生活技能訓練室(SST)
生活技能訓練室(SST)

当院では、入院中の患者さまを対象に、医師の指示によりSST(社会生活技能訓練)を行っています。

 SSTでは、患者さまが病気や障害を持ちながらも、よりよい生活が送れるように、いろいろな生活場面で必要な技能を身につけ、ストレスに対処できることを目的としています。

練習のテーマは、対人関係や日常生活で必要な基本生活技能など、患者さまが 「今よりもっとうまくなりたいこと」 を目標に上げ、10人程度のグループで話し合いながら、練習を重ねていきます。また、グループ以外にも個人で行うこともあります。

スタッフは看護師、精神保健福祉士、心理士が担当し、それぞれの専門分野を活かして、皆さまの目標がクリアできるようにサポートしています。


その他の施設

託児所 全景
託児所 全景

託児所内で元気いっぱいに遊ぶ子どもたち
託児所内で元気いっぱいに
遊ぶ子どもたち

グループホーム アミカ
グループホームアミカ


カミーノ 作業風景
カミーノ 作業風景

グループホーム ホープ(建物左上部)
グループホーム
ホープ(建物左上部)

ホープ 個室
ホープ 個室


病院概要

院長 佐藤 大輔

公益社団法人いちょうの樹 メンタルホスピタル鹿児島
院長 佐藤 大輔


病床数・看護体制
病床数・看護体制
  • 許可数…486床

平成28年10月1日現在、看護師122名、准看護師46名、看護助手39名が24時間交代で看護を行っています。


沿革
昭和 5年 9月 個人病院「鹿児島脳病院」を開設
昭和27年 7月 財団法人となる
昭和29年 8月 社団法人鹿児島精神衛生協会となる
昭和39年12月 鹿児島脳病院を横山病院へ改名
平成14年 4月 精神保健福祉相談室及び心理室開設
平成14年 6月 栄養部改築及び作業療法棟新築工事
平成20年11月 グループホーム「ホープ」開設
平成26年4月 公益社団法人いちょうの樹となる
平成27年4月 横山病院をメンタルホスピタル鹿児島へ改名